2009年9月26日 東京・成田空港研修レポート

                 

 午前7時45分JR宇都宮駅東口集合で8時前に貸切バスで出発。参加者は宇都宮駅から10名の会員と2名の英語の先生(ハワイとカナダ)。最初の訪問地、江戸東京博物館で石坂さんが合流し、今回ガイドを引き受けていただいた東京プロガイドの皆さんの案内で浅草寺や秋葉原、明治神宮をどう案内したら良いのかのポイントを聞きながら回りました。 行きのバスの中では危機管理・対応を座学で確認しました。最後の訪問地成田空港では病人が出た場合、荷物が紛失した場合、JRパスなど該当箇所の確認などを行い、新しいチェックインシステムに関する丸田園子さんの解説に耳を傾けました。

 江戸東京博物館は約1時間とりましたが、実際時間が短く、ゆっくり見る時間が取れなかったのは残念でした。浅草はシルバーウィークの後でかなり空いていました。浅草でのランチタイムは時間がかかり、次の秋葉原で時間をとったほうがよさそうと思いました。

 秋葉原はサブカルチャーのメッカであり、メイドカフェ、フィギュアなどを売るところ、さらにアニメに関しても興味を持つ若い方に対応できる知識を得ることができたと思います。

 明治神宮は東照宮などと比較し、説明も簡単ですが、日本の宗教、歴史をしっかり把握してから神社に関して話さなければならないと感じました。

 朝、7時45分に集合し、成田空港を5時45分にでて宇都宮駅に午後8時すぎに無事に到着しましたが、増田さんの実際にガイドをした生の体験談や前島さんの中国人と台湾人の違いの興味深い話など聞きながら楽しいバスの旅でした。

 参加者の皆様、お疲れ様でした。本当に楽しく研修ができました。ありがとうございました。

                                     >>戻る